2005年05月29日

マドレーヌ

チーズケーキを作るときに使った
レモンシュガーを使ってマドレーヌを作ったよるんるん


生地にツヤがでるまで混ぜるっていう
見極めが難しかったけれど、
おいしく出来たからうまくいったらしい。


今回はプレーンタイプを作ったけれど、
次回はハーブを入れたハーブマドレーヌ
作ってみたいなかわいい


CIMG1923.JPG


ところで、マドレーヌの名前の由来って知っていますか?
私はこのお菓子を好きな貴婦人の名前を取ってつけたと聞いたことがあります。
気になって調べてみるとこの名前の由来には諸説あるようですね。

中でも一番有力な説が
18世紀、フランスのロレーヌ地方を治めていたスタニスラス・レクチンスキー公が
コメルシーという町でパーティーを催した際、
デザートのお菓子職人が料理長とけんかをして帰ってしまい、
代わりにメイド(料理人とも言われるそうです)が即興でお菓子を作りました。
ところが、黄金色のふっくらとした軽い味わいのケーキはとてもおいしく、
大変気に入ったスタニスラス公は、
ヴェルサイユに住むルイ15世妃の娘マリーに送ったところ、
宮殿で評判となり、パリで広まった。
そして、そのメイドの名前をとってマドレーヌと名付けた。

説はこの他にも、コメルシーのペロタン・ド・バルモン夫人の女料理人であった
マドレーヌ・ポミエが考案したという説や、
第1帝政時代のパリの美人菓子職人が考案したという説と様々あるようです。

また、その後コメルシーのケーキ屋がレシピを手に入れるまで
そのレシピは長年秘密にされてきたとか
コメルシーの職人が長年秘密にしてきたとか言われています。


なかなか謎めいたお菓子ですね。
マドレーヌが何故シェル型なのかということにも色々説があるようですし、ね。


日本では菊型が主流だけれど、
なんだかシェル型が欲しくなっちゃったなぁ〜。
posted by nao。 at 09:36| 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
naoさん、
おもわずマドレーヌの画像を拡大してしまいま
したよ〜☆
とてもおいしそう。。。

naoさんがこんなにもお菓子作るの上手かった
とは。。素晴らしいことだな。
Posted by kim at 2005年05月29日 23:30
まだまだ研究中です☆
Posted by nao at 2005年05月30日 20:01
naoちゃんは本当、喫茶店でも開いたらどうでしょうか。絶対いけますよ。
Posted by まいず at 2005年05月31日 05:53
まいずさん、
喫茶店開けたらいいですね。
マジメに考えたこともあるけれど、
なかなか難しいですね。
宝くじが当たったら・・・・。
Posted by nao at 2005年05月31日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: マドレーヌマドレーヌ(仏:madeleine)は、焼き菓子のひとつ。無塩バター、バターと同量の小麦粉、鶏卵|卵、砂糖、ベーキングパウダー、好みにより香料(バニラエッセンスなど)やブランデーを入れて良く..
Weblog: お菓子先生
Tracked: 2007-07-28 08:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。